耳つぼジュエリーはなぜ痛いと言われるのか?


 
ご覧いただきありがとうございます。
耳つぼジュエリースクールFRANGIPANIです。

 

耳つぼジュエリーはなぜ痛いと言われるのか?

素材4

これは一言で言えば、
神門というつぼを取り囲むY字型の「軟骨」に貼ってしまっているせいなのです。

『痛いのは効いている証拠なんだ。』
『痛いということは、きっと相当悪いんだ・・・。』

と思って我慢してしまう方が多いのですが、

『押すと痛い=効果的なつぼ』ですが
『貼ったあとジンジン痛みが続く=軟骨に貼っている』からです。

試しにどこでもいいのでY字型の軟骨にシールを貼ってみると、
耳に何か当たったとき、とても嫌な痛みがあります。

一部、「腰痛のつぼ」などは軟骨の上にありますが、
ほとんどのつぼは軟骨以外に貼るため、痛みが続くことはありません。
(当講座では軟骨の施術は行っておりません。)

このポイントさえ覚えれば、痛い耳つぼジュエリーからは解消されるのです。

素材13

 

 

450_113

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ










お願い

※当スクールのコンテンツはFRANGIPANIオリジナルのものになります。
※当スクールのカリキュラム内容、サイト記載内容の模倣・引用・転用は著作権の侵害になります。
※スクール開講コースの受講生のみ講座カリキュラムを使用してスクールを開講いただけます。
※目に余る場合は法的処置を取らせていただく場合がございます。

このページの先頭へ