【コラム2】耳つぼの歴史


ご覧いただきありがとうございます。
耳つぼジュエリースクールFRANGIPANIです。


【コラム2】耳つぼの歴史


耳つぼ療法は2000年以上前から存在した

耳つぼ療法は、今から2000年以上前から治療法の一つとして活用されてきたと考えられています。

東洋医学と西洋医学では、基本的な考え方や治療法は全く異なるのですが、耳つぼに関しては9割近く一致していると考えられており、とても古い歴史があります。

_DSC6604

中国最古の医学書「黄帝内経」では、”耳の静脈を刺せば痛みをとめることができる”と記されており
診断、治療、鍼灸などの医療技術が記述されています。

また、古代ギリシャでは「西洋医学の父」と呼ばれたヒポクラテスも、紀元前の頃から耳つぼ療法を取り入れており、
“耳の静脈を焼いて坐骨神経痛を治療した”と紹介されています。


耳つぼダイエットの普及

精神的にイライラしたり、つい食べ過ぎてしまう人は、耳のつぼを刺激することでイライラや過食をおさえる事ができるとされ、ダイエットの方法として以前から注目されてきました。

3~40年前から耳つぼダイエットとして治療院を中心に行われてきた施術は、
肌色の医療用テープに金粒を乗せて耳つぼを刺激をするというもので、ファッション性はなく、
耳つぼの効果+サプリと運動を併用しながらダイエットをするというものでした。

「耳つぼジュエリー」はそんなイメージを一新するもので、
スワロフスキーやパールなど、見た目がピアスのように可愛いことから
アクセサリー感覚で付けて頂くことができます。

_DSC6664

また、ダイエット以外にも、美肌・むくみ・肩こり・禁煙・生理痛・リフトアップなど
お悩みに合わせた施術ができるのも魅力の一つです。

美しくありたいと願う全ての方に、
おしゃれを楽しみながら美容と健康を同時に手に入れていただける、そんなアイテムです!

 
2013年「耳つぼジュエリースクールFRANGIPANI」
スタート

耳つぼジュエリーに初めて出会ったのは、留学先のバリ島でした。
友人が、「ダイエットをしたくて食欲を抑えるつぼに¥1000でやってもらった」
という話を聞き、耳に貼ってあるキラキラのシールに興味を持ったのがきっかけです。

_DSC6576

帰国後、「私も耳つぼジュエリーをやってみたい」と思い、
サロンを探し、施術を受け、

耳つぼジュエリーにワクワクとときめきを感じ、
すぐに耳つぼジュエリースクールを探しました。

当時、私の住んでいる愛知県ではスクールがなかったため、
新幹線で関東のスクールまで受講しにいきました。

それからつぼや東洋医学、耳に関する書籍を読み漁り、
他のスクールや通信講座を複数受講し、耳つぼについて勉強する日々が続きました。

自身の運営する美容室のお客様にも施術をするようになり、
リフトアップ効果をその場で実感していただいたり、
肩こりのひどい方には「体がぽかぽかして、肩こりが気にならなくなった」など嬉しいお声をいただくようになり・・・

「もっと、耳つぼジュエリーをたくさんの方に広めたい」
「名古屋にスクールがないなら、私が講師になろう」と思い
2013年にスクールをスタートいたしました。

_MG_5297

2016年現在、受講生は500名を超え、
名古屋のスクール会場も、もうすぐ2年を迎えようとしています。

これまで耳つぼジュエリーを通して出会ってくださった、たくさんの方々への感謝の気持ちを大切に
これからも一歩ずつ着実に成長していきたいと思います。

 

 

450_113

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ










お願い

※当スクールのコンテンツはFRANGIPANIオリジナルのものになります。
※当スクールのカリキュラム内容、サイト記載内容の模倣・引用・転用は著作権の侵害になります。
※スクール開講コースの受講生のみ講座カリキュラムを使用してスクールを開講いただけます。
※目に余る場合は法的処置を取らせていただく場合がございます。

このページの先頭へ